家事の詰まり、取りませんか。

ラクで、健康的な家事について、いっしょに考えませんか?

食材保管革命「エニーロック」!

 

読者の方が、203名様になりました!ありがとうございます!

 

今回は食材の保管について書きます。

袋もののことです。

2枚入の油揚げを一枚使った後の袋、コーヒー粉の袋、ポテトチップスの食べ残しの袋、冷凍食品の残りの袋…などなど、使いかけをしっかり保管したいとき、皆様どのようになさっていますか?

 

保存容器に移し替えています!…という方、素晴らしい…。

 

私は袋のままです。

 

これまでずっと、輪ゴムでとめていました。それしかないと思い込んでいました。

が、去年子供のお友達がディズニーのお土産でお菓子ををくれて、オマケのように付いていたクリップにハマったのです。それは、そのお菓子を食べかけのときに袋を留めることもでき、食べ終わったあとは、他の食材にもどんどん使えたのです。便利。輪ゴムよりしっかり留まる。しかもカワイイ。

 

袋クリップ、たくさん出回っているし知ってはいました。でも使ってみる機会がなかったんです。

 

ディズニーみやげのおかげで、私は袋クリップに目覚めました。

 

自分でも買ってみよう!検索をかけると、色々な種類があるのですね。

一般的なのは、パチっと横から挟むものでしょうか。お土産もこのタイプでした。

 

調べて行く中で、ちょっと見たことのないものが見つかりました。

それがコレ「エニーロック」↓ 

 

この写真のはおそらく一番小さいもので、油揚げとかコーヒーの袋に使っています。

他、大きいサイズも揃っています。

 

鉛筆くらいに細い棒状です。袋を折り曲げた部分にスーっと差し込むと、キッチリと封ができるのです。空気をしっかり抜いてからすると、キチッと留まった状態をキープできます。

 

横から挟むタイプのは、もう少し気軽に、パチンと留められるのがいいところ。

エニーロックはしっかり口を折って留め、細いので保管にも場所をとりにくい。

 

いまはディズニーに加えて、エニーロック6本くらいを使いまわしてます。

 

…夏、食材を虫から守るために、こんなのもアリかも。です。

 

 

やみー  より。